十八史略・巻七北宋:哲宗(1)

哲宗擁立前のドタバタ劇

十八史略・原文

哲宗皇帝名煦、初爲延安郡王、神宗大漸、立皇太子。先是蔡確遣舍人邢恕、邀高公繪、欲使白太后。言、延安冲幼。岐・嘉皆賢王也。公繪懼曰、公欲禍吾家。亟去。恕包藏禍心、反謂、太后與王珪表裏、欲捨延安而立子顥、賴己及章惇・蔡確得無變。且播其說於士大夫閒矣。

十八史略・書き下し

哲宗皇帝名は、初め延安郡王為り、神宗大漸なるに、皇太子に立てらる。

是より先蔡確舎人邢恕を遣し、高公絵をむかえ、太后に白せ使めんと欲す。言く、延安冲幼たり。岐・嘉皆賢王也と。

公絵懼れて曰く、公吾が家に禍いを欲す。すみやかに去れ。恕禍なす心を包み蔵して、反りて謂く、太后与王珪表裏なし、延安を捨て而顥を子に立てんと欲し、己及び章惇・蔡確に頼りて変無きを得と。且つ其の説を士大夫の間於播き矣。

十八史略・現代語訳

哲宗皇帝、名は、元は延安郡王だったが、神宗が危篤になるに及んで、皇太子に立てられた。

その以前に、蔡確が舎人(皇帝の身近で記録を掌る)の邢恕を、英宗の皇后で太后となっていた宣仁皇后の甥、高公絵のもとに送り、機嫌を取って太后に言わせようとした。すなわち、「延安郡王はまだ幼い。お子の岐王・嘉王は優秀で、太子にふさわしい」と。

しかし高公絵は怖がって言った。「あなたは我が家に災いをもたらそうというのですか。早く帰って下さい。」追い返された邢恕は仕返しついでに、戻って蔡確に言った。「太后と王珪はつるんでいます。延安郡王を捨てて岐王の顥を太子に立てるつもりです。それで私と章惇、それにあなた(蔡確)に頼って、事を無事に進めようとしています。」そしてこれを噂として士大夫の間にばらまいた。

十八史略・訳注

哲宗皇帝:1077-1100。宋第七代皇帝。位1085-1100。
宋哲宗 宋哲宗

:音ク。語義はあたためる。

延安:延安郡。延州とも称された。

郡王:中国で親王に与えられる地位の一つで、名目上、一郡の君主となる。

神宗:1048-1085。宋の第七代皇帝。
宋神宗

大漸:危篤を意味する古い漢語。

王曰、嗚呼、疾大漸、惟幾。(『書経』顧命)

蔡確:1037-1093。

舍人:=起居舎人。皇帝の日常を記録する官職。

邢恕:生没年未詳。進士。悪賢かったらしい。詳細は十八史略哲宗(8)の付記を参照。

高公繪:英宗の妃である宣仁皇后の甥。生没年未詳。

太后:=宣仁皇后。1032-1093。
宣仁皇后

冲幼:体がまだ柔らかくて幼い。冲は沖の俗字だと『大漢和辞典』は言うが、『学研漢和大字典』は「冫(こおり)+(音符)中」の形声文字という。氷をとんとんと突き割る音をあらわし、中和の中(かどがない、柔らかい)の意にも用いる、という。

岐・嘉:岐王(コウ。1050-1096)と嘉王(イン。1056-1088)。共に宣仁皇后の子。

王珪:1019-1085。

章惇:音ショウ・トン。1035-1105。

蔡確:1037-1093。

十八史略・付記

邢恕の行状は、『宋史』邢恕伝によると次の通り。

帝不豫、恕與確成謀、密語宣仁后之侄公繪、公紀曰、「家有白桃著華、道書言可療上疾。」邀與歸視之。至則執其手曰、「蔡丞相令布腹心、上疾不可諱、延安沖幼、宜早有定論、雍、曹皆賢王也。」公繪驚曰、「此何言?君欲禍吾家邪!」急趨出。恕計不行、則反宣言太后屬意雍王、與王珪表裏。導確約珪入問疾、陽鉤致珪語、使知開封府蔡京伏劍士於外、須珪小持異則執而誅之。既而珪言上自有子、定議立延安。恕益無所施、猶自謂有定策功、傳播其語。

つまり蔡確に報告したのは「太后と王珪がつるんで、雍王を太子に立てようとしている」までであり、事が失敗に終わってから負け惜しみのように、自分に哲宗擁立の功績があると言いふらしたことになっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)